弁当配達相談室
HOMEへ  お弁当の種類     ファックスお弁当注文表  東京  横浜  川崎  携帯

ロケ弁の相談   メールで相談  お弁当作り相談室(幼稚園のお母さん為の)   sitemap

English     中国語   韓国語

お弁当って何

お弁当の調理器具について。

お弁当の食材
について。

お弁当の前日、
事前調理について。
(下ごしらえ)

お弁当の食品衛生について

お弁当の容器
について。

お弁当作り
朝の手順について

幼稚園のお弁当

スポーツのお弁当

スローフードな
お弁当

ダイエットなお弁当

糖尿病などの
お弁当

最新のお弁当の衛生情報

以前は水分・温度・時間管理が衛生に大事だとお話いましたが、0-157やノロウイルス・カンピロバクターなどの菌の発生でかなり代わってきました。先日 横浜の保健所主催の衛生講習会でも、今までの常識が変わるお話を聞きました。

まず第1に とにかく菌を漬けないことだそうです。

ノロウイルスで言うと これは発病したときに薬を飲むことで抑えることができますが、発病前に保菌者を見つけることができません。

お母さんでも、お子さんでも発病して嘔吐などをしたとき、後始末にも特別な手当てが必要です。じゅうたんなどに嘔吐したものを、ふいてそのままにしておくと、乾いたところから乾燥して菌が空中に浮遊してまた、再発してしまいます。家庭内で発病したときは学校・職場などに報告して対策を練った方がよいみたいです。これは冬季にとくにでますから注意しましょう。

お弁当の食品衛生の基本

お弁当が作ってから、食べるまでの時間の長い食事であることは、」お話いたしました。

食品衛生の重要なポイントは3つあります

①菌をつけない(水分)

②菌を増やさない(時間)

③菌を殺す です。(温度)

①は、清潔な器具(まな板、包丁、ボールなど)で調理するということです。前日の夕飯後に、特にまな板は、水を切ってしっかり乾燥させましょう。
菌は、水分がないと繁殖できにくいですから、乾燥させたまな板、包丁
台ふきんなどが、これにあたります。(ふきんの日光消毒大事です)

②時間は、調理から食べるまでの時間をなるべく少なくすることで菌の繁殖を防ぎます。前日の調理したものや下ごしらえしたものは、当日必ず再加熱しましょう。

③これは、主に加熱殺菌です。菌は、その食品の芯温が80度で1分ほどで死滅するといわれています。(一部の菌を除く)
しっかり加熱して、すばやく冷まし、盛り付ける。

それから、飲食業の人は、一年に数度セミナーや講習会を受けている中で、毎年言われるのが、
毎年5月から10月までの、食中毒防止強化月間です。

温度の高い7・8月ばかりでなく春先の5月梅雨時の6月 残暑の厳しい9月・体育祭などの屋外でお弁当を食べる10月

この辺も実は食中毒は多いのです。

はっきり言ってお弁当は、製造から口に入るまで時間のかかる食品ですから1年中気をつけなければいけません。

家庭で調理されるお母さんも、毎日されることですから、正確な衛生知識を身に着けて 習慣としてください。

まずは、まな板と 包丁など調理器具の管理です。
洗ったあと乾燥が充分でないと雑菌が繁殖するもとになります。
まな板 包丁は立てて乾燥させ、包丁は柄の部分 まな板は片面に印をつけ 野菜・完成品のサイド 肉 魚など生もののサイドと使い分けるとよいですね。まな板の色分けをして2枚もつともっとグッドです。

先日 保険所の衛生講習会に行ってきたお話

去年一年は食中毒の事件が大変少なかったとのこと、新型インフルエンザ渦の影響でみんなが手を洗い、手指の消毒に気を使ったためと思われます。日本各地で色々なイベントなどが中止され、空港での大騒ぎを起こした大問題でしたが、こと食品衛生については良い方向に出たといえるでしょう。

今年は猛暑で引き続き注意が必要ですが、製造から食べるまでの時間を少なく意識することで防げる事故もあると思います。

西区 中区 港北区 港南区 泉区
神奈川区 瀬谷区 青葉区 都築区
保土ヶ谷区 金沢区 南区 緑区
鶴見区 戸塚区  磯子区 栄区
旭区

大船 鎌倉 北鎌倉 葉山
横須賀 藤沢 平塚 逗子市 葉山町
横須賀市 茅ヶ崎市 三浦市 町田市
綾瀬市 座間市 相模原

川崎区 幸区 中原区 高津区
宮前区 麻生区 多摩区